QLOOKアクセス解析

眼窩底骨折での治療後の傷跡は??[眼窩底骨折 傷跡] - 眼窩底骨折の症状、治療まとめブログ

眼窩底骨折での治療後の傷跡は??[眼窩底骨折 傷跡]

眼窩底骨折で整復手術をおこなった際に、
リハビリや眼球運動の戻りなども気になりますが
それ以上に気になるのが、やはり見た目の問題です!!






特に、女性に方や小さなお子さんの場合、
手術の傷跡が残らないか心配になると思います







折れた骨を直接的に整復するわけですから、
どうしても顔にメスを入れる必要があります。

(ショッキングな表現ですみません´д` ;
…しかし、伝わりやすいと思うので)






勿論、お医者さんも創部の傷痕が残らないよう
に丁寧な治療を施してくれます。

※その辺りも、きちんと手術前に説明がありますのでご心配なく!






手術を受ける際の説明書きには、
「術後、半年〜1年を掛けて傷が目立たなくなります。」
と記載されていました。






確かに、術後1週間ぐらいはいかにも“手術しました”
ってぐらいに手術痕が残ってましたが、
ひと月が経過する頃にはかなり傷痕も薄くなっていました。

(※その間は、必ず保護テープを創部に貼りましょう!
そうすることで傷痕がキレイになり、痕が残りにくくなります。)







ちなみに、術後3ヶ月でこんな感じです↓

image-20131025140219.png






メスを入れた場所はコチラに書いた記事と同じ箇所です。






私自身、手術を受けること自体が初体験だったこともありますが、
正直もっと傷痕が残るものだと思ってました。






今の状態だと、鏡で見てもよく目を凝らさないと
わからないぐらいにまで目立たなくなってきました。






自分の目で見ても分かりにくいぐらいですから、
他の人の目にはパッと見では傷痕だと悟られにくいでしょうね!

(実際に、家族や同僚なんかの目から見てもわからないみたいです。)





男の人でも、女の人でも、
顔にメスを入れるというのは
決して気持ちの良いことではないですから、

手術を受ける際には担当の医師と
きちんと(特に傷の残り方など)話し合うことをオススメします!






※そこら辺の説明や返答が無いような
医師や病院には、掛らないようにして下さい!

丁寧で腕の良いお医者さんは必ずいるので、
後悔しないためにもしっかりと選びましょう!!





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 眼窩底骨折の症状、治療まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。