QLOOKアクセス解析

眼窩底骨折、治療後からの競技再開はいつ?[眼窩底骨折 復帰] - 眼窩底骨折の症状、治療まとめブログ

眼窩底骨折、治療後からの競技再開はいつ?[眼窩底骨折 復帰]

怪我というのは様々な状況で
おきるものですが…





スポーツや運動中の事故で
眼窩底を骨折した方にとって

気になる点があるとすれば、
その運動や競技の再開時期だと思います。






私自身も、とある競技の試合中に
眼窩底を骨折し手術を受け治療をしましたが

やはり気になったのは、
競技再開の目処でした。





勿論、完治するまでは以前と同じような
強度の運動やスポーツなどが出来るとは思っていませんでしたが、
一体どの程度まで身体に負担を掛けていいものか正直悩みました。





主治医にも相談してみましたが、
医者というのは患部を治すことが専門ですから

その競技における専門的な知識や練習法などは知る由はないわけで、
満足のいく返答はもらえませんでした´д` ;






※骨折後、2週間過ぎから徐々に骨はくっ付き始めますが・・・

はじめの1、2ヶ月は、
まだ骨も弱く衝撃に脆いため
無茶な運動や負担の大きな動作をかけると
再び骨折するリスクがあります。


なので、怪我の経過を見るのは勿論ですが、
練習やトレーニングなどの負荷も徐々に上げていくことが得策かと
思います。





但し、共通する点として手術直後やケガをしてまだ日が浅いうちは
以前の記事でも載せたように…

●眼を打撲するような危険のある運動は避ける
(ウォーキングやジョギングなどの軽い運動ならOK)


●菌の多い場所での運動や、
感染の危険のある水泳などの禁止


※最低限これらは守るべきかと思います!!

その他にも、お腹に力を入れるようなウェイトトレーニングも、
力みから来る患部への負担が大きいとのことなので
極力避けることをオススメします!

(と言っても、私の場合は筋トレ好きなので1ヶ月後からはやってしまいましたが…w)





本来なら、こういった怪我をした時期というのは治療に専念して
大人しくしていた方が良いのですが…

如何せん、眼窩底骨折は目の周り以外は健康そのものなので、

あまり長期で練習を休みたくない方や身体が鈍るのが嫌な人には
さらなる競技レベルの向上やパフォーマンスUPの為に、

普段出来ないようなトレーニングやコンディショニング練習などに
取り組むというのも効果的な練習メニューになるかと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 眼窩底骨折の症状、治療まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。