QLOOKアクセス解析

眼窩底骨折の術後のリハビリとは??[眼窩底骨折 リハビリ] - 眼窩底骨折の症状、治療まとめブログ

眼窩底骨折の術後のリハビリとは??[眼窩底骨折 リハビリ]

眼窩底骨折を患い、整復手術を受けたあとは、
眼球運動を正常に戻すためのリハビリテーション
が必要になります。







目的としては、骨折〜手術に伴い
眼球を動かすための周りの筋肉が、
衰えているので目玉を動かして筋肉をほぐし
左右の目の動きに誤差が出ないようにします。






●まず、手術が終わり当日〜1日後までは
患部に菌の侵入、感染症を防ぐため湿布のような保護材を付けられ
完全に片目を塞がれた状態になります(眼帯を付けているような感じ)






●2日目からは切開した手術痕に、
傷跡が残らないように保護テープを貼られ
両目を使って生活できるようになります。

術後すぐということもあり、
患部の腫れや目の動きに違和感が感じられますが、
リハビリと共に回復していきます







私が実際におこなった
リハビリトレーニングは天井から吊るした凧糸に
五円玉を括り付け、左右に揺らし
それを目で追いかけるというモノです。

(その為か、私がお世話になった病院の病室には
天井のいたるところにテープの跡が残っていましたw)






その他にも、人差し指を顔の前に置き
指を前後に動かして遠近のピントを合わせるトレーニングなど
非常にアナログなリハビリ法でした。

(※両手の人差し指を左右に開き、交互に目で追いかけるトレーニングもあります)







個人的にオススメなのが
元々、パイロットやスポーツ選手の視覚能力を向上させるために
開発されたといわれるトレーニング法のビジョントレーニング








私自身、眼窩底骨折を患う前から
個人的に取り組んでいた手法なのですが、
まさかこの機会に効果を発揮するとは思っていませんでした´д` ;

興味のある方は是非!!






眼球運動が正常に戻るまでの期間は、
人それぞれ個人差があると思いますが

状態が良くならない場合や、物が二重に見える(複視)
違和感を感じる場合には早めに
主治医に申し出ることをお勧めします。







この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして。

私も今年の3月に眼窩底、眼窩内壁骨折を含む顔面骨折をしました。近隣の大学病院で手術を受けましたが、眼窩の手術だけが成功していないことが分かり7月に転医しました。

術後の注意点やリハビリの仕方、病室の天井のテープ跡など、私が転医してお世話になった病院と同じところかなと思ってブログ拝見しました。

私は現在、プレートを装着した一度目の手術、シリコンを除去しお腹の脂肪を移植するという二度目の手術を終えたところです。
手術前よりは
眼窩底骨折についてはネット上でも情報が少なく、ブログはとても参考になりました。ありがとうございました。
Posted by at 2013.12.03 07:14
こんにちは、はじめまして。

私も今年の3月に眼窩底、眼窩内壁骨折を含む顔面骨折をしました。近隣の大学病院で手術を受けましたが、眼窩の手術だけが成功していないことが分かり7月に転医しました。

術後の注意点やリハビリの仕方、病室の天井のテープ跡など、私が転医してお世話になった病院と同じところかなと思ってブログ拝見しました。

私は現在、プレートを装着した一度目の手術、シリコンを除去しお腹の脂肪を移植するという二度目の手術を終えたところです。
手術前よりは良くなったのですが、まだ複視(特に上方)で悩んでいる状態です。

眼窩底骨折についてはネット上でも情報が少なく、ブログはとても参考になりました。ありがとうございました。

ビジョントレーニングの動画を見ながらリハビリをしております。もしビジョントレーニングに取り組む上で、参考になる本やDVDなどをご存知でしたら教えていただけないかと思いコメントした次第です。

長々と失礼しました。よろしくお願いします。
Posted by がちこ at 2013.12.03 07:38
コメントありがとうございます(^^)

返信が遅くなっしまい申し訳ないです(^_^;)

私が施術を受けた病院は眼窩底骨折の治療を含む、眼形成眼科外科の日本でもトップの医療技術を持つ病院ですね。

>手術前よりは良くなったのですが、まだ複視(特に上方)で悩んでいる状態です。

もし時間の経過と共に症状が改善されないようなら、再度受診されることをお薦めします!そして、早期の回復をお祈り申し上げます。

がちこさんのおっしゃる通り、眼窩底骨折に関しては、本当に有益となる情報が少なく、自分自身あまりの情報量の少なさゆえに困惑してしまったので、手探りながら自分で情報をまとめようと思い、このブログを作りました。

なので、参考になったと言ってもらえると素直に嬉しいです(*^_^*)

ビジョントレーニングに関しましては、専門におこなってるトレーニング施設があるみたいです。それ以外にもネット上にも有益な情報がありますし、Amazonなどでも色々書籍が出ていますよ!

また、そういった情報についてもブログ内で紹介していきますね。

今後もよろしくお願いします!

Posted by >がちこさん at 2014.02.01 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 眼窩底骨折の症状、治療まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。